教職課程について(教育実習)

教育実習の趣旨

教育実習は、教育職員免許法施行規則第6条に基づき、学校現場において大学で学んだ理論や知識を生かすとともに、教育の現実にふれながら教育の実践的な知識・技能・態度を習得するものです。


教育実習にあたっての心得

教育現場では、多忙な中、後輩(教員)の養成に協力しようというご厚意により受け入れてもらっていますので、実習校の教育活動を妨げないよう、受入校に対しては謙虚な姿勢で誠意ある態度で臨んでください。

 

なお、皆さんが将来教職に就くことを前提としていますので、教育実習にかかるオリエンテーションや事前打合わせおよび教育実習中の就職活動は全面禁止です。

 

また、学外での活動にあたっては、麻疹の抗体を有するかについて書類の提出を求めます。あらかじめ、予防接種を接種しておくなど、各自で感染予防に努めるなど、日頃から体調管理を徹底し、急な欠席などで実習校へ迷惑をかけないようにしましょう。