教職課程について(介護等の体験)

対象、体験機関、実施と申込み時期

介護等体験を希望する場合は、前年度に実施する申込みガイダンスへの出席が必要です。

 

介護等体験は、合計7日間必要ですが、5日間は「社会福祉施設」で、2日間は大阪府下の「特別支援学校」で行います。

 

大学を通して申込みますので、大学の指示に従ってください。個人で直接申込むことはできません。

 

体験機関 日程 実施対象年次 実施時期 申込み時期
社会福祉協議会 5日間 原則2年次以上 前期(5~7月)
または
後期(10~3月)
実施年度の
前年10月
特別支援学校 2日間 原則3年次以上 後期(10~3月)

(注)申し込み後の自己都合による辞退は認めません。

手続きについて

介護等の体験を行なうための手続きについては、申込ガイダンスおよび事前ガイダンスにおいて説明します。

スケジュールを参照し予め計画を立ててください。特に、海外留学等を行う場合は、各種ガイダンスの実施時期に注意が必要です。

介護等の体験には、体験費用(5日間は、7,500円 2日間は、2,000円)および、必要により保菌検査費等の費用がかかります。


事前指導

介護等体験に当たっては、事前に体験の意義や留意事項を理解しておくことが必要です。必ず事前ガイダンスに出席し、事前指導を受けなければなりません。

ガイダンスを欠席すると介護等体験は行えません。決定した施設に対して多大な迷惑をかけることになりますので、注意してください。

 

ガイダンスの日程は、教職課程年間行事予定表を確認してください。


事前ガイダンスの内容

  • 介護等体験を行う施設の概要説明(スケジュール等の配布)
  • 体験日程、体験内容の説明
  • 体験に当たっての留意事項(基本的マナー、守秘義務等)
  • 健康管理について
  • 先輩の体験談
  • 事前手続きについての説明