教職課程について(介護等の体験)

介護等の体験

小学校及び中学校教諭の普通免許状を希望する場合は、「小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律」(1988年4月1日に施行)により、「介護等の体験」(7日間)が義務づけられています。

 

その内容は、特別支援学校において連続2日間および社会福祉施設において連続5日間とし、障害者や高齢者等に対する介護、介助、交流等を通して、人との関わり、人を援助するうえで大切にすべき姿勢や視点を体験的に学習します。

 

対象年次等は、下表のとおりですが、取得希望の免許状の学校種が未定の場合や、特別な理由により対象年次に実施しない場合は、今後の計画を立てるため、教務課に相談してください。

 

なお、本学には小学校の免許課程はありませんが、神戸親和女子大学と協定の小学校免許状取得プログラムを履修している学生は、介護等の体験が必要になります。