教員採用試験対策

現在、都市圏を中心に、教員の世代交代がピークを迎えています。この好機を逃さず、現役合格を目指しましょう。

教員採用試験について

免許状を取得しても教員になるためには採用試験に合格しなければなりません。

 

本学では、教員採用試験合格に向けてのサポートとして各年次にあった試験対策講座等を実施します。

教職をめざす学生は、早いうちから情報収集と、採用試験に向けての準備をし、計画的に学習しましょう。

 

なお、参加申込み等詳細については、別途お知らせします。

 

教員採用試験

公立学校教員採用試験

各都道府県・政令指定都市の教育委員会が実施する採用試験に合格しなければなりません。

 

試験は教育委員会により異なりますが、一次試験と二次試験があり、多くの自治体では、二段階による選考を行っています。


一次試験では集団面接、筆記試験、小論文、二次試験は個人面接、模擬授業、場面指導、指導案作成、教科により実技試験があります。詳細は、各教育委員会のホームページから受験案内を取り寄せて確認してください。

 

なお、大学へ募集要項の送付があったものは、教務課および教職支援センターへ配架しますので、こまめに確認してください。

 

教育委員会によっては、大学推薦特別選考を実施します。これにかかる募集要項、学内選考については、別途案内します。

私立学校教員採用試験

募集情報については、各自で就職課および各私立学校のホームページなどで情報収集しましょう。


合格報告

採用試験に合格したときは、教職支援センター教員および教務課へ報告してください。

卒業後に合格した場合も、連絡を待っています。


講師登録について

登録方法

各都道府県教育委員会および市町村教育委員会により異なりますが、講師登録制度がありますので、4年次後期(12月~2月)に、希望する都道府県教育委員会および市町村教育委員会に各自で登録しておくことをお勧めします。講師として勤務可能な地域であれば、複数の地域に登録しても構いません。


募集について、大学へ案内があるものは、教務課および教職支援センターへ配架します。


年度途中に、教育機関から大学へ講師募集の問い合わせがある場合もありますので、各教育委員会へ登録するとともに、大学へも登録内容を報告(免許状授与式でアンケートを実施します)してください。

講師の種類

常勤講師:

正規教員の産休、病休などによる不足に対応するため、毎日勤務し正規の教員と同様に仕事をする形態。


非常勤講師:

少人数授業補助等、ある決まった目的、必要な時間数のみ勤務する形態。


2013年度の対策講座・模擬試験・ガイダンス実施状況

日程 内容 参加者
4月4日(木)

大阪府教員採用選考テスト受験説明会(大阪府教育委員会)

21名
4月4日(木)

大阪市教員採用選考テスト受験説明会(大阪市教育委員会)

19名
9月12日(木)

私学教員採用対策ガイダンス(エデュケーショナルネットワーク)

10名
10月~1月(※週1回)

教育系大学院進学講座(教職教室 朝日)1コマ

2名
12月4日(水)

教員採用試験ガイダンス(東京アカデミー)

11名
12月13日(金)

教員採用試験合格者体験談(2013年度教員採用試験合格者)

1名
1月11日(土)

第1回教員採用公開模試(東京アカデミー)〈無料〉

10名
1月16日(木)

教員採用試験ガイダンス(東京アカデミー)

22名
3月3日(月)~8日(土)

教員採用試験対策講座(東京アカデミー)18コマ

 18名