摂南大学 教職支援センター

教職支援センター概要

摂南大学教職支援センターでは、教職を志す学生が、教員になるために必要な知識を身につけ、教育現場での実践的な体験を通じて学び、教師として求められる資質や能力を獲得することを目標に掲げています。さらに、これらのことを通して、学生がよりよき社会人・職業人として社会に貢献できるように支援していきます。

 

また、特に教員志望の学生が採用試験に合格できるよう、入学時から教員採用試験を意識した支援を充実させています。

 

Study room 利用案内

場所

寝屋川キャンパス 7号館3階

利用時間

月~金 9:00~18:30

土    9:00~17:00


※休日および授業のない祝日除く

利用方法

お互いが気持ちよく利用できるようルール、マナーを守ってください。

教職支援センター利用にあたって.pdf
PDFファイル 110.6 KB

活用方法

教職支援センター(Study room)は、次のような場として活用してください。

 

① 自学自習の場

 教職支援センター(Study room)には,教職課程に関わる図書,教員採用試験についての資料・図書,過去の教育実習指導案等が備わっています。利用者は、それらを自由に参照し,教師に求められる資質や知識を身につけ,あるいは広く教育全般について学ぶことができるようにしています。

 

② 切磋琢磨の場

 黒板(ホワイトボード),教卓,机,椅子などを配置し,模擬授業が行えるようにしています。利用者は、模擬授業を行い,参観し,お互いに批評し合うことによって,より実践的な授業力・実践力を身につけることができます。

 

③ 交流の場

 教職課程を履修している学生ならば、いつでも、誰でも、利用できます。自由に集まれる場所として、教職を目指す仲間を増やしましょう。その中で、情報や体験の共有,問題の分かち合いとその解決が図れるようになることを期待します。

 

④ 情報発信の場

 教職課程や教員採用に関わる情報を発信します。また,特に教員採用試験に関するガイダンスや講義・講座を実施する際の会場としても使用します。

 

⑤ 問題解決の場

 教職課程全般や教員採用について,学生が「困ったこと」「わからないこと」「悩んでいること」があるとき,それを解決できるようにします。何か相談したいことができたときは、お気軽に教職担当教員を尋ねてください。“問題”は、早めに解決しておくことが大切です。

 

利用条件

教職課程を履修している学生であれば、開室時は、いつでも自由に利用できます。他の利用者の迷惑にならないように、お互いに気を付けましょう。

 

資料等の閲覧・複写は、ルールを守りましょう。持ち出しは厳禁です。